記事一覧

新米の入荷状況

2016.10.22

 10月に入りスーパーなど量販店の新米の廉売合戦は加熱しているようですが、当店は生産者や地域や栽培方法などにこだわった商品を取り扱っているため新米の入荷が遅れてしまいます。
 飼料用米の栽培が増えたため、食用米が不足傾向にあり一部産地では価格が高騰しています。「新潟県産コシヒカリ」は今のところ現状維持ですが「青森県産つがるロマン」は手がつけられない状態です。
 今のところ価格が定まらず仕入れができていません。新米が出そろうのは12月くらいになりそうです。
 入荷した商品は当サイトで順次お知らせします。

ライスショップMAX 定休日

2016.09.06

ファイル 26-1.png

ライスショップMAX(藤井寺店)は
 平成28年10月より
毎週 日曜日を定休日とさせていただきます。
 
 この数年の人材確保や最低賃金の急激な上昇等の問題がありやむなく定休日を設定させていただきます。
 ご理解の程よろしくお願いいたします。
現在毎週土曜日・月曜日に何らかの企画を検討中です。

 配偶者控除廃止等の制度変更があれば、さらに人材確保が難しくなり新たな対応策が必要になりそうです。
 グローバル化の時代に、小規模小売店は必要とされていないようです。

新米について

2016.08.22

ファイル 25-1.png

新米がそろそろ出回ってきました。
まだ鹿児島や高知そして徳島あたりです。
もうすぐ三重県産も出てきます。
 当店ではほんの少し徳島産の販売もしています。
今週あたりから三重県産も販売する予定です。
 ただ仕入れ価格が昨年より1割前後値上がりしています。一部スーパーなど量販店では値上がりせずに販売されています。これほど上がれば販売価格に転嫁せずに販売するのは不可能なはずなのですが・・・。
 今のところ今年の作況指数は100%のようですが飼料用内への転作などで食用米が若干の不足となるそうで、これが値上がりの原因のようです。
 当店では最大限の経営努力を致しますが、最小限の値上げをさせていただきます。ご理解ください。

早場米

2016.07.30

 今年のツバメ君は子育てをせずに南方へ旅立ったようです。
ひなの元気な姿をUPできずに残念です。
 そしていよいよ新米の季節になってきました。スーパーの店頭には極早稲品種が並びはじめています。
 今年は鹿児島産も2等米が多いとの情報もあり、例年通り三重県産米から取り扱う予定です。今の段階では品質はまだ未確定です。8月末頃には販売予告をする予定です。ご期待ください。

今年もツバメ様ご来店

2016.06.08

ファイル 23-1.jpg

 昨日、東浅香山店の軒にツバメ君が戻ってきました。

 今年も4月頃から店先で姿は見かけていたのですが、巣を作る気配はなく諦めていました。ところが数日前から急に店の近くで鳴き声が頻繁に聞こえ、昨日から昨年作った巣を修復しています。

 エアーPOPの「しろくま君」が大きすぎて怖いのではないかと言うことで今日から「しろくま君」にはしばらく休暇を取ってもらうことにしました。したがって「しろくま君」はしばらく不在です。
 
 今年は昨年より50日近く遅れてのご来店ですが、今年も東浅香山店から新しい命が巣立つのが楽しみです。
 ひなが孵ったら近況報告いたします。

 しばらくの間、ご来店の際は頭上からの落下物にご注意ください。

はえぬき 種セット

2016.05.26

ファイル 22-1.jpgファイル 22-2.jpg

今年も山形から
食味ランキング22年連続「特A」
 はえぬき 種セット
が届きました。

 昨年は後半、うまく育たず籾の中は空で収穫できませんでした。
今年は再チャレンジします。
 ご希望の方には種セットを進呈いたします。
当店スタッフにお申し出ください。

栽培マニュアルは以下のサイトからダウンロードしてください。
 http://www.yamagata.nmai.org/haenuki_tane/set/index.html

もち麦

2016.04.06

 先週くらいから「もち麦」に関する問い合わせが各販売所に殺到していますが、当店では取り扱っていません。
 フジテレビで3/29に「もち麦」について放送されたようで「もち麦で腸内環境を改善して痩せる?」とか。しかし当店には販売実績がないため入荷の予定はありません。
 昨年は大麦で糖尿病が改善するとかで麦が品切れになったような気がするのですが・・・。
 何事も続けることが大切かと・・・。

28年度産

2016.03.09

 気の早い話ですが28年度産は減反の実施などにより豊作か不作かにかかわらず値上がりするとの情報があります。
 27年度産は飼料用米への転作の奨励により主食用米の生産が減少し価格が上昇したのですが2年連続の上昇となります。
 このため27年産を買い越しても損はないとの見込みから27年産が買い込まれ品薄になりつつあります。当店はすでに新米までのお米をほぼ確保できているので価格に変更はありませんが、市場価格は上昇傾向にあります。
 噂では28年度産は今より一割以上上昇しそうです。まだ田植えも行われていないのに価格が決まるとはおかしな話なのですが・・・。

藤井寺店はまもなく2周年

2016.02.22

ファイル 19-1.jpg

 ライスショップMAXはイオンモール藤井寺から移転2周年を迎えます。
 商店街の中にあるため、車でのご来店が難しいなど問題点も多々ありますが、なんとか2周年を迎えることができました。
 会員様には近日中に2周年セールのDMが届くと思います。会員でない方もその場で入会できますのでぜひご来店ください。

ブローカー(仲介業者)

2016.01.24

 産廃業者ダイコーのニュースが話題となっていますが、食品の偽装によく登場するのがブローカー(仲介業者)です。出所を隠すためによく利用され三笠フーズの「カビのもち米」事件などにも登場していました。購入業者は知らなかったとしらを切るようですが、私の知る限りでは「訳あり」であることは事前に告げられていることが多いようです
 低価格商品を販売する業者はリスクを承知で購入し価格にのみ反応する消費者に販売されます。
 ダイコーは福島県の風評被害で廃棄された食品がきっかけだったと聞いていますが、このような不当な行為が不毛な低価格競争を生み出す元凶です。
 米の業界では未だにブローカーと呼ばれる人たちが流通の中枢にたくさん存在しています。本来業者が間に入れば価格はその分上がるはずなのですが、なぜか生産者やJAから直接購入するよりはるかに安い原料玄米が流通しています。
 米卸業者はスーパーなどから価格を値切られれば会社存続のためにリスクを選択せざるを得なくなります。消費者はそのリスクを知らずに袋の表示が同じであれば中身も同じと信じて購入します。その値引き合戦が負のスパイラルを引き起こしています。日本も中国のことを笑える立場にはありません。
 中小の米穀専門店がいくら信用を大切に正直にお米を販売しても高利益を得ていると思われるのはとても残念です。
 安すぎるものにはご用心ご用心。

ページ移動