記事一覧

量目不足

2017.09.21

 最近、お米の仕入れで気になることの一つに量目不足があります。
以前は一部のせこい農家だけの問題だったのですが最近は農協単位で量目不足がおきています。一番多いのは風袋込みで30㎏というものです。 正味重量30kg必要なのに袋の分約250g不足しています。コンテナで仕入れると数万円の損失になります。年間にするとその損失は馬鹿にできない金額になります。
 自家精米を販売している業者の場合は精米時の抵抗の加減で上がりが変わるのでバレにくいのですが、当店は玄米を小袋に分けて販売しているのでスグに気がつきます。
 今のところ風袋込みで30kg以下の場合だけ抗議していますが年々酷くなっているように思います。
 軽い気持ちでやってるのでしょうが、故意にやっていれば悪質です。世知辛い世の中になったものです。
 一部の量販店や仕入れ業者が強くなりすぎて農産物の流通バランスが壊れて価格設定が正常にできなくなってるのが原因でしょう。
 しかしながら農家もJAもバレないと思っていたら大間違いです。同業者の方も一度倉庫のお米を計量されてはいかがでしょうか?

お米の価格

2017.06.01

ファイル 36-1.jpg

 お米の価格ですが小売価格に影響が出るほどではありませんが、次第に上昇しはじめています。
 特に低価格米が品薄のため全体に米価を押し上げているようです。
29年度産米も飼料用米の栽培の影響で低価格米が不足気味となり、B級銘柄を中心に米価は値上がりしそうです。
 当店では28年産米の販売価格の値上げは予定していません。

 数日前から東浅香山店のツバメの雛が姿を現しピーピーと鳴きながら餌をねだっています。今年は4羽孵ったようです。生まれてまだ一週間ほどですがもうこんなに大きくなっています。
 都会から姿を消しつつあるツバメですが大切の守ってあげたいと思います。

(株)京山問題について

2017.04.05

ファイル 33-1.jpgファイル 33-2.jpg

 スーパーなどの量販店では相変わらず有名産地の優良品種が10kg税別2800円(税込3000円)前後で販売されています。
 一般的には新聞等で公表されているJAなどの相対取引価格が米取引の基準となり、これに引取費用(運賃)や袋代を加算したものが原価となります。さらに量販店に販売する場合は精米費用や袋代・運送費用のほか諸経費がかかります。しかしこれでは間違いなく赤字になってしまいます。そこで当然何らかの努力をすることになります。
 そんな状況の中で今回の中国米混入事件が起きました。
 事件も落ち着いたようですし、お客様との会話の中で頻繁に話題に上るので差し障りのない範囲で私見を書かせていただきます。
 量販店に無謀な要求をされても、断れば卸業者としては存亡の危機となります。そこでリスクを冒してでも対応する必要が出てきます。
 報道当初はJAの子会社が不正を行ったとして大きな話題となりましたが、私は(株)京山ほどの会社が自社の工場で混入することはあり得ないと考えています。実際(株)京山は中国米の仕入れは行っていないと発表しています。
 一番あり得るのは故意か否かは別にして混入したお米を仕入れた可能性です。お米の流通ルートは複雑です。JAから直接仕入れるよりブローカーなどの業者を経由した方がなぜか安い場合があります。不正を行っている場合、伝票類も偽装しているでしょうし、混入した場所が業者なのかJAなのか生産者なのか特定することはまず不可能です。
 さらに今回の混入の根拠が遺伝子検査ではなく産地分析検査であり、遺伝子検査の結果が公表されていないのも不思議です。もちろん中国で日本の品種が栽培されているからかもしれませんが、まるで最初から混入を確信していたようで、今回は単なる告発ではなく他に狙いがあるような、もっと奥深い闇を感じます。
 また今回の事件では故意に中国米の混入したお米を仕入れたと証明できない限り週刊誌に勝ち目はないように思います。
 ただ決着が付くには時間がかかります。もし記事の狙いが(株)京山ではなくJAやその関係者のイメージダウンなど他にあれば勝ち目はなくともそれなりに意味があるのかなと・・・、
 美味しいお米には美味しい理由が、安すぎるお米にもそれなりの理由があります。何に重きを置いて購入するかは消費者しだいです。

新米の入荷状況

2016.10.22

 10月に入りスーパーなど量販店の新米の廉売合戦は加熱しているようですが、当店は生産者や地域や栽培方法などにこだわった商品を取り扱っているため新米の入荷が遅れてしまいます。
 飼料用米の栽培が増えたため、食用米が不足傾向にあり一部産地では価格が高騰しています。「新潟県産コシヒカリ」は今のところ現状維持ですが「青森県産つがるロマン」は手がつけられない状態です。
 今のところ価格が定まらず仕入れができていません。新米が出そろうのは12月くらいになりそうです。
 入荷した商品は当サイトで順次お知らせします。

新米について

2016.08.22

ファイル 25-1.png

新米がそろそろ出回ってきました。
まだ鹿児島や高知そして徳島あたりです。
もうすぐ三重県産も出てきます。
 当店ではほんの少し徳島産の販売もしています。
今週あたりから三重県産も販売する予定です。
 ただ仕入れ価格が昨年より1割前後値上がりしています。一部スーパーなど量販店では値上がりせずに販売されています。これほど上がれば販売価格に転嫁せずに販売するのは不可能なはずなのですが・・・。
 今のところ今年の作況指数は100%のようですが飼料用内への転作などで食用米が若干の不足となるそうで、これが値上がりの原因のようです。
 当店では最大限の経営努力を致しますが、最小限の値上げをさせていただきます。ご理解ください。

28年度産

2016.03.09

 気の早い話ですが28年度産は減反の実施などにより豊作か不作かにかかわらず値上がりするとの情報があります。
 27年度産は飼料用米への転作の奨励により主食用米の生産が減少し価格が上昇したのですが2年連続の上昇となります。
 このため27年産を買い越しても損はないとの見込みから27年産が買い込まれ品薄になりつつあります。当店はすでに新米までのお米をほぼ確保できているので価格に変更はありませんが、市場価格は上昇傾向にあります。
 噂では28年度産は今より一割以上上昇しそうです。まだ田植えも行われていないのに価格が決まるとはおかしな話なのですが・・・。

今年の米価

2015.10.29

 今年は飼料用米の栽培が始まったことと、作柄が思わしくないことから新米が品薄となり米価が一割ほど値上がりしています。
 今のところ入荷した新米の品質はさほど悪くなく、いずれの産地も精米すると新米特有の良い香りがします。

 青森県産は特に値上がり幅が大きく、お客様の青森米離れが懸念されます。青森産「つがるロマン」は11月上旬入荷予定です。
 山形産米は未だに価格が定まらないのか連絡がなく仕入れの予定も立っていません。
 九州産の「森のくまさん」・「さがびよりは」さらに遅れて11月後半から12月上旬を予定しています。
 生産地はかなり強気で今も少しづつ価格が上昇しています。
 今年は一部商品で生産者グル-プやJAの変更を行う必要がありそうで。
 一部量販店では天候の影響で刈り取りが遅れ、まだ入荷していないはずの産地の新米が販売されていたり、到底無理な昨年の価格で販売されていたりと、仕入れのカラクリが気になります。

新米の予定

2015.08.09

ファイル 13-1.jpgファイル 13-2.jpg

 本店のミニ田んぼの稲は連日の暑さでスクスクと育ち稲穂が出てきました。頭を垂れるほど実ってほしいと願っています。

 早場米は例年なら7月後半から早場米が出てくるのですが、鹿児島県が天候不良のため今年は高知県産がやっとで回り始めた状態です。
 今年は冷夏と言われながら暑い日が続き新米の価格については今のところ予想ができません。
 当店は8月後半から三重県産を取り扱う予定です。

新米の価格

2015.06.21

ファイル 11-1.jpg

 東浅香山店のツバメは18日に無事に巣立ちました。
 本店の稲も今のところ順調に生育しメダカもハッキリ見えるくらいに大きくなっています。

 6月も半ばを過ぎると米の業界ではそろそろ話題が新米についてになるのですが、今年は作柄に関係なくUPする気配です。特に青森県産米は一割以上の値上げは避けられそうにありません。
 今の米価では生産者がもちませんし、主食であるお米は投機の対象にはならない方が良いと思うのですが?

JAS法違反

2015.01.31

 先日、福井県の米穀卸ライズの元社長が逮捕されました。容疑を否認し徹底抗戦の構えでしたが「容疑を認め」陥落したようです。
 昨年はイオンライスやライスワンそしてこめ太郎とスーパーやドラッグストアーなどの量販店で良く見かけた業者が次々とニュースになりました。今年も大阪の東友精米が「米穀の不適正表示に対する措置」で指導を受けたようです。
 この手の話題がニュースで流れる度に、当店には「ニュースを見た。お宅とちがうのか」とクレームの電話があります。
 「米屋ですから名前にライスを付く店はたくさんあります。」と説明しているのですがいい加減鬱陶しくなります。
 理解できない価格で販売しいていた業者が次々と逮捕されて謎は解けてもまた新たに理解できない価格で販売する業者が現れます。
謎が謎を呼び謎は深まるばかりです。
 当店は信頼を大切に販売していきます。

ページ移動

  • << PREV
  •   NEXT >>