山形県はえぬき・つや姫

食味ランク「特A」評価米

山形県産米とは

山形県産はえぬき
穀物検定協会21年連続「特A」評価 (6年~26年)
 山形県を代表するロングセラー品種。コシヒカリやササニシキなどの美味しさを受け継いだトップクラスの良食味品種です。

山形県産つや姫
穀物検定協会5年連続「特A」評価 (22年~26年)
 山形の風土が生んだ、わが国の美味しいお米のルーツとなる「亀ノ尾」。その正統の系譜から誕生した新らしいスターです。

はえぬき

品種登録日 2000年6月27日
登録番号 第8123号
登録品種名 「はえぬき」
開発地 山形農業試験場庄内支場
特 徴
  • 熊本県の平坦地域向け極良食味品種として育成された熊本県期待の星!
    父親が庄内29号、母親があきたこまちと交配して作出されたお米で,”ふっくら粒ぞろい”一粒一粒ふっくら炊き上がり、粘り強く、しっかりした味。香り高く、うまみのある味わいは、今、消費者が求める最先端のお米です。

つや姫

品種登録日 2010年6月27日
登録番号 第8123号
登録品種名 「つや姫」(つやひめ)
開発地 山形農業試験場庄内支場
特 徴
  • 父親が山形70号、母親が東北164号として作出されたお米で、日本の美味しいお米のルーツとなる「亀ノ尾」の系譜から誕生した新ブランド米!栽培はブランド化戦略推進本部が認定し、限定された生産者が栽培しています。際立つ「粒の大きさ」「白い輝き」「旨さ」「香り」「粘り」、次世代の高級品種です。

当店こだわりの山形県産米プレミアムバージョン

特別栽培米:「はえぬき」
生産者名:斉藤清一<生産地>
生産地:山形県東置賜郡川西町
<プロフィール>
減農薬米を栽培。川西産直センター設立当初からのメンバーで平田氏の指導する栽培法で技術を熟達しいました。
にぎやかな性格と反対に、お米は至って真面目。平田会長・社長が最も信頼する生産者の一人です。

特別栽培米:
「つや姫」

生産者名:高橋修一郎
生産地:山形県西置賜郡飯豊町
<プロフィール>
農業(会社員兼)を始められて25年、専業として10年の 米作りのキャリアを持つベテラン生産者です。 堆肥や発酵鶏糞、ぼかし肥料などの有機質の肥料を散布し 極力、化成肥料の使用を抑える栽培をされています。


玄米直売!精米無料!  

食味ランキング「特A」評価
特別栽培農産物(減農薬50%削減・化学肥料50%削減)
山形県川西産

 はえぬき
 
玄米30kg ¥10,400(税込み)
但し、ご希望の方には店頭の精米器で無料で精米させていただきます。

ネットでのご注文は24時間受付けております。  通信販売法に基づく表示
 
  1.  一部離島はご利用できない場合があります。(手数料:315円)
     銀行振込は前払いとなりますので、お振込確認後の発送となります。(手数料はお客様負担)

玄米直売!精米無料!  

食味ランキング「特A」評価
特別栽培農産物(減農薬50%削減・化学肥料50%削減)
山形県飯豊町産  産地直送米

 つや姫
 
玄米30kg ¥13,500(税込み)
但し、ご希望の方には店頭の精米器で無料で精米させていただきます。

ネットでのご注文は24時間受付けております。  通信販売法に基づく表示
 
  1.  一部離島はご利用できない場合があります。(手数料:315円)
     銀行振込は前払いとなりますので、お振込確認後の発送となります。(手数料はお客様負担)

農林水産省新ガイドラインによる表示

品種:はえぬき   生産者: 橋本祐次
特別栽培米
節減対象農薬    当地比 6割減
化学肥料(窒素成分)当地比 5割減
栽培責任者 有限会社 山形川西産直センター
特別栽培米部会副部会長 高橋 修一郎
住   所 山形県東置賜郡川西町大字下小松1672-1
連 絡 先 TEL:0238-42-4403
確認責任者 有限会社 山形川西産直センター
代表取締役 平田 勝越
住   所 山形県東置賜郡川西町大字下小松1672-1
連 絡 先 TEL:0238-42-4403

節減対象農薬の使用状況
使用資材名 用 途 使用回数
プロクロラズ 殺 菌 1
ベンフラカルブ 殺 虫 1
プロベナゾール 殺 菌 1
ピラクロニル 除 草 1
ピラゾレート 除 草 1
ベンゾビシクロン 除 草 1
エチプロール 殺 虫 1
メトミノストロビン 殺 菌 1

品種:つや姫  生産者:高橋修一郎
特別栽培米
節減対象農薬    当地比 6割減
化学肥料(窒素成分)当地比 5割減
栽培責任者 有限会社 山形川西産直センター
特別栽培米部会副部会長 高橋 修一郎
住   所 山形県東置賜郡川西町大字下小松1672-1
連 絡 先 TEL:0238-42-4403
確認責任者 有限会社 山形川西産直センター
代表取締役 平田 勝越
住   所 山形県東置賜郡川西町大字下小松1672-1
連 絡 先 TEL:0238-42-4403

節減対象農薬の使用状況
使用資材名 用 途 使用回数
ピラクロニル 除 草 1
プロピリスルフロン 除 草 1


川西産直センター

  1.  集荷業者の山形川西産直センターは 有機農業のパイオニアとして置賜地方の農家の信望を集める 篤農家の平田啓一氏が設立。
  2.  現在は息子の勝越氏が継承。 大変誠実な父子で、全国の生協などへの地域の米の販売に尽力され 「山形おきたま米」の品質の良さを全国に伝えた功労者でもあります。
  3.  地域の良質なお米を集め、自社ライスセンターで 丁寧に乾燥・調整を行い、厳格な農産物検査を経て 高品質な玄米を出荷しております。
  4. 参照:山形川西産直センターHP http://www.k-santyoku.co.jp/

直営販売所